お葬式を学ぶためのサイト!

お葬式の手順〜其の二〜
葬儀の種類

日本人の場合ほとんどが仏式ですが神道式(神葬祭)、キリスト教式など葬儀が違います。 同じ仏式でも生と死に対する考え方が違うため葬儀の手順や作法が違います。

仏式は一般的に行われている僧侶の読経で見送る葬儀になります。菩提寺がある場合は、そこから僧侶に来てもらいますが菩提寺が遠くて僧侶が来れない場合は同じ宗派の僧侶を紹介してもらいます。葬儀の日程や戒名などを相談しなければならないので連絡を取る必要があります。

菩提寺が無い場合は葬儀社に相談すれば実家の宗派にあう僧侶を紹介してもえます。紹介された僧侶に戒名や読経を依頼します。

神式は神社の神官が執り行います。一般的に神社での葬儀は行われませんので、自宅か斎場で行います。

キリスト教式は教会の神父や牧師が執り行い、教会や斎場で行います。

葬儀の規模によっても見送る方法は変わります。一般的に行われているものは遺族・親族・職場関係者・故人を知る人に参列してもらう葬儀になります。

他の主だった葬儀としては

・社葬
会社の社長や会長や、
社員が住職した場合に会社が主催して行う社葬。

・合同葬
会社と遺族が合同で行う葬儀で、
大規模な葬儀になります。

・家族葬
遺族のみで行われる葬儀ではありません。
宗教や形式等に決まった形式はなく、親しくしていた人と共に行う葬儀です。心を込めて故人を見送りたいと家族葬を行う遺族は多く年々増えてきている葬儀です。


・密葬
家族装と混同される事もありますが、親族と親しくしていたごく内輪だけで通夜・葬儀・火葬迄を行い、後日遺骨と共に通常の葬儀を行います。

・無宗教葬・自由葬
特定の宗教にとらわれず形式が無い葬儀です。
祭壇や音楽など、故人の思い出のあるもで追悼する葬儀です。

・直葬
葬儀を行わず、近親者、友人など限られた関係者だけで故人との別れを火葬場で行う弔い方です。

・生前葬
本人が元気なうちに、
自分の葬儀を自分で行う形式です。


お葬式の手順〜其の一〜

↑自分の希望を伝えておく

お葬式の手順〜其の二〜

↑葬儀の種類

お葬式の手順〜其の三〜

↑葬儀前後に必要な手続き

お葬式の手順〜其の四〜

↑葬儀前の準備

お葬式の手順〜其の五〜

↑棺の中に入れられる物


© お葬式を学ぶためのサイト!